本文へスキップ

株式会社テェイスト・ライフ 行動計画

2015年11月1日策定(更新)

 社員がその能力を発揮し、仕事と家庭生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2015年111日 〜 20201031日までの 5年間 

2.内容

 目標1:時間外労働による健康・精神面への影響、ならびに子育てへの影響を
    考慮して時間外労働削減に向けた取組み、促進を実施する


<対策>
●2015年11月〜  時間外労働の現状、実績を再調査。状況把握、分析
●2016年4月〜  全社(各店舗責任者)向けに削減の努力を促す、指針伝達
社員(個人)の残業削減意識の啓発活動(働き方の見直し)
●2017年4月〜  削減に向けて業務体制の改善、見直し、要員補充検討 等 
●2018年4月〜 実績、効果検証・分析。改善すべき点は改善努力、指導実行

以降、継続実行

 目標2:産前産後休業や育児休業における社会保険料免除、法令に基づく手当
    給付金等、諸制度の周知や情報提供を実施する。


<対策>
●2015年11月〜  現行の制度(社内諸規程)を再周知、問い合わせ受付
●2016年4月〜  出産予定者等、社内の現況確認・把握
●2016年10月〜  休業の取得希望者へは、都度、総務部門にて制度内容を個別に詳細説明(情報提供)

以降、継続実行(下記3の取組開始)

 目標3:育児と仕事の両立を図れるための促進活動
    職場復帰しやすい社内環境(制度)の整備
<対策>
●2017年4月〜  業務分担の見直し、代替要員の確保等の措置(方針検討)
●2018年4月〜  社員が育児時間を確保できるようにするための柔軟な措置、
社内対応の方針検討、社内周知伝達
(短時間勤務制度の利用促進等)
以降、継続実行

以 上




バナースペース